エコツーリズム手法評価

野生のニシローランドゴリラが生息するムカラバ国立公園の森「ムカラバ・ドゥドゥ国立公園」内と周辺の村で、2009年9月から2014年8月まで、JICAは京都大学大学院理学研究科、人類進化論研究室と合同で、京都大学大学院理学研究科、人類進化論研究室と合同で科学技術協力(SATREPS)プロジェクトを実施しました。
プロジェクトでは山極壽一教授(現京都大学総長)がチーフアドバイザーに就き、私たちエコロジックは本事業内で推進されていたエコツーリズム開発部分の評価を行い、今後の推進活動について提案などを行いました。

No Comments Yet.

Leave a comment