生物多様性保全のためのインタープリテーション研修

国立公園内で生活する地域住民と公園職員が共に自然を守るためのエコツーリズムの仕組み作りの指導や、地域住民と公園職員を対象としたガイド(インタープリテーション)指導、エコツアー開発などを実施しました。
当時指導を受けた彼らは、現在も様々な形でエコツーリズムに携わり、インドネシアで活躍しています。

No Comments Yet.

Leave a comment