About Us

エコロジックについて

エコツーリズムを通じて、
世界の多様な自然環境、地域文化と
人々の尊厳を守ります。

About ECOLOGIC

私たちエコロジックは、エコツーリズムを通じて、
地域の価値を世界へ発信する(伝える)コーディネーターであり、コンサルタントです。

Eco
Local
Global
Interpretation
Coordinators/Consultants

 

"THINK LOCALLY, ACT GLOBALLY"

MISSION

『エコツーリズムを通じて、
 世界の多様な自然環境、
 地域文化と人々の尊厳を守る』

持続可能な社会環境をつくるためには、多様な自然環境を守るだけでなく、 人の心を豊かにする多様な地域文化も同時に守ることが必要不可欠です。
エコツーリズムやサスティナブルツーリズムを通じて、SDGsの実現を目指すことが私たちのミッションです。

エコツーリズムの理念 
Ecotourism Philosophy

  • 観光を通じて、地域の人たちがその地の自然、文化を守る手助けとなる。
  • 観光を通じて、地域の人たちが精神的、経済的な恩恵を得られる。
  • 地域の人たちが、訪れた人にその地の自然、文化、生活様式を紹介することで、お互いに学び、尊敬しあえる。

Message from Executive Director : MASA SHINTANI

エコツーリズム活動を始め、国際環境教育活動、環境技術支援を通じ、 世界で活躍できる日本の若者を育てること。それが、私たちエコロジックがなすべきことであると考えています。

エコツーリズムとは

現在、世界で広く知られている「エコツーリズム」は、地域住民が自ら観光に関わり、ガイドとなり、
地域の自然や彼らの文化の価値を観光客に伝えて対価を得ることで、
それらを住民が持続的に守り、次世代に継承する、という考えです。

「エコツーリズム」で持続可能な地域社会の実現を目指す考え方は
理想的であり魅力的ですが、しかし実現させることは非常に困難です。

それにはたくさんの要因がありますが、
一つは地域住民たちの考え方を変えることは大変な労力と時間がかかり、
住民と支援者、共に我慢が必要だということです。
そのため、世界の多くのエリアでは、地域住民が排除されたエコツーリズムが頻繁に行われています。

私たちエコロジックが行うエコツーリズム開発支援は、
先ず地域住民に、その森や草木などの自然環境、そこで暮らす生活文化そのものが観光客にとって
「価値」のあるものだと気付いてもらうことから始めます。

その「価値」とは、もちろん材木としての価値ではありません。
多様な生物を育み、人々の命を育む、その自然環境自体に価値があるということです。

私たちは地域住民に寄り添い、ゆっくりと時間をかけて信頼関係を構築し、
彼らの理解、同意のもとにエコツーリズム開発支援を行うことをポリシーに、日々チャレンジしています。

HISTORY

2008年

創業:2008年1月
法人設立:2013年6月
私たちの母体組織である一般社団法人エコロジックは「観光を通じて、地域の自然、文化を守る」をミッションとし、世界中の村々でエコツーリズム開発支援活動を行っています。

2017年

私たちの拠点である富士山・富士宮の自然や文化体験を通じて、世界からのお客様に和の心を伝えたいと思い、En-Ya(縁や)Mt. Fuji Ecotoursをオープンし、世界各国から多くの訪れてくださっています。

2021年春

私たちのエコツアーに参加してくださる日本人と世界の人々が、富士山に見守られながら、語り合える場を作りたいとの思いで、Mt. Fuji Satoyama Vacationをオープンしました。

スタッフ紹介

全ての責任を持つ担当 / 日本エコツーリズム協会理事
新谷 雅徳
Masanori Shintani
幼少期からボーイスカウトに関わり、高校時代に最高賞である富士スカウト章を授与。25年前、米国の大学院でエコツーリズムと出会って以来、ハワイ島での現場経験から始まり、世界15カ国以上の村落でエコツーリズム開発支援を行う。富士山に見守られながら、本物の国際会議がしたいですね。
国内旅行業務取扱管理者
新谷香奈子
Kanako Shintani
地元静岡県出身。縁あってここ富士宮に移り住み、里の原風景の中で子育てをしてきました(現在進行中)。夜が明けるにつれ、移りゆくグラデーションに染まる空と壮大な富士山の眺めが大好きです。是非、このグランピング施設で、ゆったりとした時間と空間を楽しんでいただければと思っています。
 国際協力事業マネージャー / エコツアーガイド(ほぼゴリラ)
安藤 智恵子
Chieko Ando
アフリカ・ガボンの熱帯林で12年間野生ゴリラを研究。この間、ゴリラを守るには地域が豊かでないといけないこと、地域の文化や自然を守るツールであるエコツーリズムを知る。 現在はアフリカやラオスなどエコツーリズム開発に関する国際協力事業に従事。ゴリラに学ぶヒトの生き方やガボンの森での経験を日本の人たちと共有し、身近な自然が世界につながっていることを感じてもらえるとうれしいです。
グランピング施設マネージャー / エコツアーガイド
和久井 諒
Ryo Wakui
ツキノワグマの研究に取り組んでいた大学時代。その後、自然ガイド・アウトドア関係の仕事を経て青年海外協力隊として南米エクアドルでコンポストの普及活動を行う。この時の経験から自然+国際に強く関心を抱き、帰国後エコロジックの門をたたく。日本と世界の人達に富士山のダイナミックな自然と文化、国際を感じられる「エコツアー×グランピング」の代表的なモデルサイトを目指す。富士宮で新米パパ・新米ハンターとして修業中。

ORGANIZATION OVERVIEW

団体名 一般社団法人 エコロジック
Eco-Logic General Incorporated Association
代表者 代表理事 新谷 雅徳
本社所在地 〒419-0303 静岡県富士宮市大鹿窪98-14
98-14 Ohshikakubo, Fujinomiya, Shizuoka, Japan
電話番号 (+81) 0544-67-0745(代表)
Eメール info@ecologic.or.jp(代表)
創業 2008年1月
設立 2013年6月
業務内容 当法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行なう。
  1. 国内、海外での観光及びレジャーに関する企画、調査研究、設計開発、管理運営、情報の提供、及びコンサルタント業務
  2. ツアーの企画、運営、販売、及びコンサルタント業務
  3. 教育及び人材開発事業に関する企画、調査研究、制作出版、販売、管理運営、及びコンサルタント業務
  4. 国内、海外の工芸品、手工芸品、地域物産品、食料品、書籍の販売、企画、製作、及び輸出入
  5. 旅館、その他の宿泊所の経営
  6. 飲食店の経営
  7. 環境保全および地域文化保全に関する企画、調査研究、設計開発、管理運営、情報の提供、及びコンサルタント業務
  8. 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

ACCESS MAP

〒419-0303 静岡県富士宮市大鹿窪98-14
TEL&FAX: (+81) 0544-67-0745